NOSE SHOPマガジン|新時代の香水・フレグランスメディア

「香りは沈黙の言葉」 ー スカンジナビアンパフュームメゾン AGONIST|アゴニスト

ブランド紹介

「香りは沈黙の言葉」というテーマのもと、2008年にスウェーデンに創立された「AGONIST(アゴニスト)」。

アートディレクターの夫 ニクラスと、ファッション業界出身の妻 クリスティーンの二人の妥協なき香りづくり。

その香りの根底には、スウェーデンの大自然と何人もの芸術家を輩出したスウェーデンの豊かな文化の影響が色濃く見られている。

スウェーデン アーキペラゴのアトリエ


(画像ソース:https://www.volvocars.com/intl/discover-volvo/agonist)

AGONISTの香りは世界各国への旅からインスピレーションを得ているが、それらをスウェーデンという土地へ持ち帰り、クリエーションを形にすることは最も重要なプロセス。

壮大な自然や偉人たちの面影が残るスウェーデンの土地は、芸術活動に集中しクリエーションに真摯に向き合うことができる最適な場所。2人のアトリエは、ストックホルム沖の群島アーキペラゴに位置しており、都心から離れたそこは二人に”スペース”を与えてくれる場所。そこで生まれるAGONISTの作品は自然と「スウェーデンらしさ」をまとうのだという。

2人の香りづくりはまずムードやコンセプトを決めて、それに合う映画、アート、音楽や詩といったインスピレーションソースを集めていくプロセス。ムードやコンセプトは、風が強く厳しいが空気は澄み渡っているスウェーデンの美しい冬や、長い長い冬が終わり花々も人々も喜びで満ち溢れた春のはじまり太陽が沈むことのない白夜など、スウェーデンの自然をモチーフとしたものが多い。
インスピレーションソースは、イングマール・ベルイマンの映画や、カリン・ボイエの詩など、スウェーデン出身の芸術作品の影響を大きく受けている。

そして表現したい明確なストーリーが完成した段階で著名な調香師へ調香を依頼し、二人の物語に香りという命が吹き込まれる。

異分野アーティストとのコラボレーション

AGONISTはパフュームメゾンである一方、様々な異分野のアーティストとのコラボレーションにも積極的。
その一例がヨーロッパ最古の歴史を持つスウェーデンガラス工房【コスタ・ボダ】と作成した”スカルプチャライン”。
この芸術的なガラスのオブジェはなんと、香水瓶。

ブランド創立時、AGONISTの香水はまずこのアートな香水瓶に入った”スカルプチャライン”のみでスタート。
香水に込められたストーリーをコスタ・ボダが解釈し、優美で艶やかなスカルプチャにて完璧に表現。
それは見る者の心を一瞬にして奪い、香りのストーリーへと誘う。

ブランドデビュー3年後の2011年、満を持してスプレーボトルでの発売が開始。

スカルプチャとスプレーボトルは、ファッションでいうオートクチュール(仕立て服)と、プレタポルテ(既製服)の関係性という概念で、ファッション業界出身のクリスティーンらしいアイディア。
スカルプチャは誰しもが憧れ夢見る対象であり、スプレーボトルはより多くの人に楽しんでもらえるというもの。

そんなスプレーボトルにも、二人のこだわりがたくさん詰まっている。
ボトルのガラスはAGONISTのための完全オーダーメードで、側面には特徴的な「A」のロゴが浮かび上がっている。(この「A」のロゴは香りのピラミッドをモチーフとしているそう。)


(画像ソース:https://www.volvocars.com/intl/discover-volvo/agonist)

また、香料をすべてボトルの表に表記することによって、商業指向なブランドとは一線を画し、正直なブランドであり続けることを実現している。

コスタ・ボダのスカルプチャの他にも、ファッションフォトグラファー ジュリアン・ブーデと製作した”センテッド・ブック”(=香りづけされた本)の製作や、スウェーデンで活躍する日本人陶芸作家 マサヨシ・オオヤとのコラボレーションで生まれたフラワーベース(フローララスト)など、さまざまな分野の才能をAGONISTブランドへ迎え入れている。

世界中のインスピレーションと才能をスカンジナビアンに解釈して物語を紡ぎ出すAGONIST。

今日もまた夫婦は世界へ旅に出掛け、インスピレーションのかけらを拾い集める。

AGONIST(アゴニスト)のアイテムをみる

NOSE SHOP

世界中の新進気鋭のフレグランスを一堂に集めた香水の専門店。大きな鼻のオブジェを目印に、日本国内唯一のニッチフレグランスのセレクトショップとして2017年8月...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA