NOSE SHOPマガジン|新時代の香水・フレグランスメディア

花粉症に負けない!お鼻スッキリ香水たち

読み物

ハックション!!
くしゃみも鼻水が止まらないらない、、、
どうも、花粉症と付き合いが長い浦野です。

鼻詰まりや、鼻水のせいで大好きな香りがよく分からない。なんて悲しい現実と向き合う季節がやってきました。そんな自分の鼻を通すべく、鼻がスッキリする香水探しをお店でしてみました!

Abel/ホワイトベチバー(オードパルファム)

全て天然成分で作られているのが特徴のオランダのブランド「Abel」ですが、その中でもホワイトベチバーの香りはスッキリとした軽い香り立ちの香水。
ライムやミントの清涼感のある香りは鼻からスッと入っていき、ラストのベチバーやアンバーグリスがグリーン感と土っぽいドシッとした香りで迎えてくれます。バニラは入ってますが、ほぼ感じない程度で甘い香りではありません。
天然成分で作られている点もおすすめポイントですし、とにかくスッキリ爽快でお鼻も通ること間違いなし!先日店頭でお話させて頂いたお客さまの中には、このホワイトベチバーの香りをホットタオルに吹き付けてタオルを顔に当て香りを楽しみつつリラックスしているという素敵な使い方をされている方もいました。

NOTE
トップ|ライム、スペアミント、ベルガモット
ボディ|ジンジャー、パルマローザ
ベース|ベチバー、バニラ、アンバーグリス

NICOLAI/ローシック(オーフレッシュ)

私がこのローシックを選んだ理由は、鼻が通ると言われていたり、炎症を鎮静する効果があると言われてい「ミント」「カモミール」「ラベンダー」の香りが使われていて、でも香りはスッキリし過ぎず花々の華やかさも感じ、香りの濃度は軽めだったから!
ニコライ独自の香りの濃度「オーフレッシュ」は軽めで持続時間は3~4時間くらいと言われています。
ベルガモットやミントの鼻あたりの良い香りからスタートして、ラベンダーやカモミールの花々とペッパーやクローブのスパイスは程よく混ざりあって華やかに咲き、最後はサンダルウッドとムスクが淡く香る香りです。
まるで春の公園で花が咲き出した風景を描けるよう。満開ではなく、ようやく開花したような雰囲気。

NOTE
トップ|ベルガモット、レモン、ミント
ボディ|ゼラニウム、ラベンダー、カモミール、ブラックペッパー、クローブ
ベース|サンダルウッド、ムスク

Maison Louis Marie/No.11 ラ テミス|ラ・ テミ号(パフュームオイル )

こちらのおすすめポイントは何と言ってもパフュームオイルである点!!オイルなので香りの拡散力は強くない事が、電車やお食事の席でも纏いやすく、かと言ってアロマのようにすぐ消えてしまうのではなく、自分自身や近しい距離感の人には伝わる事がオイルの良さ。
持ち運びもしやすいので男女問わずパフュームオイルは人気です。
この香りにも「ライムミント」「スペアミント」「ユーカリ」と3つも鼻を通したり免疫力をあげると言われる香りが入っています。鼻辺りはスっとした爽やかさや、しっかりユーカリの香りを感じるはず。でもスっとしただけでは終わらない、トンカ豆が入ることで奥底にふぁっとした甘さを持ってる事がこの香りの面白さ。
実際、この香りを嗅いだお客様がその日鼻ずまりだったのが鼻が通って匂いを嗅ぎやすくなったと店頭で仰ってましたよ。

NOTE
トップ|グリーンリーフ、ユーカリプタス、スペアミント
ボディ|スペアミント、ウィンターグリーン
ベース|トンカマメ

鼻が通る香水いかがでしたでしょうか?花粉症は中々治すのが難しいですが、香りを断念するのはもったいない。花粉症と上手く付き合いつつ香水も一緒に楽しみましょう。

スタッフ 浦野

NOSE SHOPスタッフの中では歳上だけど気持ちは若め。趣味はインテリアの模様替えDIY、観葉植物を育てる事、音楽(HIPHOP,R&B)ストリー...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA