NOSE SHOPマガジン|新時代の香水・フレグランスメディア

香料シリーズ【トンカビーンズ(トンカ豆)】の回

読み物

こんにちは、浦野です。
香水に使われている香料をよく見てて毎回これってどんな香りなの?
と疑問に思っていた香料は多々ありますが、そのうちの一つが【トンカビーンズ(トンカ豆)】がありました。
え?豆!?
豆ってことは…青っぽい香り?それとも土っぽい香り?そんな疑問が頭に浮かびます。
でも、トンカビーンが入っている香水って甘い香りが多い気がする…。
いったいこれはどんな香料なんだろう?そう思って調べてみました。

今回のお題は【トンカビーンズ(トンカ豆)】です。
それでは香料シリーズ(香水に使われている香料を軸として、香水に魅力をお届けしています)さっそくいってみましょう!

トンカビーンズ(トンカ豆)ってどんな香料?
トンカビーンズはクマルというマメ科の樹木になる黒い種子の事で『トンカビーンズ』または『トンカ豆』と呼ばれています。
クマルの木や葉には香りが殆ど無く、種子であるトンカ豆を乾燥させて香りを抽出します。香りの芳香成分のほとんどは『クマリン』で「桜の葉」や「アーモンドの核・杏仁」「ベルガモット」に含まれています。なので「桜餅」や「杏仁豆腐」のような甘い香り、そしてパウダリーで高級感のある香りが特徴です。

また科学的にはバニラの芳香成分『バニリン』とも構造が似ていて、香水や石鹸の香料意外にもバニラの代用品としてカスタードクリーム、クレームブリュレ、アイスクリーム、チョコレート、シュトーレンなどのお菓子の香り付けにも使用されています。
香水の場合はトンカビーンズはジャスミンやイランイランのオリエンタル系や柑橘系の香りと相性が良く一緒に調香される事が多いです。

私がNOSE SHOPの香水で『トンカビーンズ』を感じる香水を探した時に気付いたのは、バニラと似ているけどトンカが入る事で深みが出るという事でした。精油では無いのでトンカ単体の香りだけを感じる事はないですが、トンカビーンズを最も感じることが出来た香水はこの3つの香りでした。

Maison Louis Marie/No.3 レタンノワール(パフュームオイル)

パフュームオイルなので、肌に纏うと香りがギュッと凝縮されて感じます。全体的にはアニス、ナツメグ、クローブなどのスパイスの中に独特な甘さを感じ、美味しそうなチャイのイメージの香りがします。バニラも入っているので甘いのですが、よくよく嗅いでみると杏仁のような香りも探すことが出来き、トンカビーンズの深みも感じる香りです。

NOTE:
トップ|アニス、ナツメグ、タバコフラワー
ボディ|クローブ、ジンジャー、バニラ
ベース|バニラ、トンカマメ、ベンゾインムスク

AGONIST/ソラリス

この香りは香りの持続時間が短いとされる柑橘系の香りを、少しでも長く香るようにとの想いで、太陽の沈まない日「白夜」をイメージして作られてる香水です。ジンジャーの根を入れることによりラストまで柑橘系の爽やかな香りを感じる事が出来ます。
ただし、このソラリスの香りは、ただグレープフルーツやマンダリンの爽やかな香りだけではなくて甘さや深みがあります。甘さはバニラの濃厚なこっくり感ではなく、パウダリーな甘さ、トンカビーンズの甘さです。(香料はトンカマメ表記になっています)前述した通り柑橘系との相性が良いとの事でこのソラリスは、まさにその通り。柑橘系がメインの香りですが、鼻の奥でこの甘さを感じてほしいです。

NOTE:
トップ|ピンクグレープフルーツ、レモン、グリーンマンダリン、グリーンカラント、プチグレイン、ブラックペッパー
ボディ|オゾンアコード、ヴィグナピーチ、ジンジャーの根、アオモジ、楓子香
ベース|トンカマメ、ベンゾイン、シスタス、パチョリ、ウッディーアンバー

ZOOLOGIST/キャメル(エキストレドパルファム)

生き物が住んでいる場所や食べている食べ物のイメージを香りに落とし込んでいるのがZOOLOGIST(日本語訳は動物学者)。このキャメルはラクダのイメージ。纏った瞬間から、ジューシーで乾いた甘さが広がります。それは、まるで砂漠を行くキャラバンのよう。
ドライフルーツのジューシーな香りとフランキンセンス、ミルラの甘くスパイシーなオリエンタルな香りがトップノートに香り、時間が経つとジューシーな甘さから、ウード、サンダルウッドにバニラとトンカビーンズが加わる、スモーキーでコックリした甘い香りに変化していきます。バニラとトンカビーンは香りの構造が似ているので合わさると、より甘く持続性のある香りになります。最初から最後まで甘さは感じるのですが、その甘さの変化を感じれる香りです。

NOTE:
トップ|ドライフルーツ、フランキンセンス、デーツ、ローズ
ボディ|アンバー、シダーウッド、シナモン、フランキンセンス、ジャスミン、ミルラ、オレンジブロッサム
ベース|シベット、ムスク、ウード、サンダルウッド、トンカビーン、バニラ、ベチバー

お菓子に使われていると知ってスーパーでよく見たらトンカビーンズパウダーをみかけました。料理初心者の私にはまだハードルが高めですが、いつかトンカビーンズパウダー使ってみたいものです。
ではまた次回。浦野でした。

スタッフ 浦野

NOSE SHOPスタッフの中では歳上だけど気持ちは若め。趣味はインテリアの模様替えDIY、観葉植物を育てる事、音楽(HIPHOP,R&B)ストリー...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA