NOSE SHOPマガジン|新時代の香水・フレグランスメディア
  • ホーム
  • ニュース
  • 理性のエッジに誘う危険な香りのジュース「ETAT LIBRE D’ORANGE|エタ リーブル ド オランジェ」2018年5月日本初上陸のお知らせ

理性のエッジに誘う危険な香りのジュース「ETAT LIBRE D’ORANGE|エタ リーブル ド オランジェ」2018年5月日本初上陸のお知らせ

ニュース

みなさんこんにちは! NOSE SHOPからのお知らせです。

かねてより日本上陸が待ち望まれていた、
ニッチ香水の雄とでもいうべきフランス発のパフュームメゾン「ETAT LIBRE D’ORANGE(エタ リーブル ド オランジェ)」の独占先行発売を2018年5月20日(日)よりスタートします。

「エタ リーブル ド オランジェ(オレンジ自由国)」は野心的でセンセーショナルな香りのジュース。
それは独創的なアイディア、比喩や皮肉で遊び、情熱的で豊かで、解放された香水。
自由によって創造され、自由を愛し、自由に愛される、ある種別次元の知性を感じさせる全く新しい香水です。

「エタ リーブル ド オランジェ(オレンジ自由国)」は、マーケティングと金融の発達によって塗り固められた香水業界の伝統的な既成概念からの独立宣言として、フランスの調香師エチエンヌ・ドゥ・スワールが立ち上げました。

オレンジ自由国とは、1854年にイギリスの統治から独立し50年続いた実在の国家共和国の名前でもあります。
その新天地における、人々と文化の融合、衝突、破壊、予測不能で時に野蛮な性質、美、そして自由。
それらは、まさにブランドのエチエンヌが香水を通して表現したかったこと。

調香では創造性、原材料、経費において一切の制限と妥協はありません。
才能と情熱は香りの表現にのみ集中させ、ボトルは極めてシンプルな作り。香りの構成は常軌を逸し、贅沢でいて挑発的、皮肉的なのに、常にエレガント。
歴史上かつて存在し得なかった香水の理想国家は、設立から10年を経て、世界中で尊敬を集める香水ブランドへと育ちました。

ノーズショップは、世の中で信じられている香りの型やルールに縛られず、ただひたすらに自分の鼻の感じるままに身を任せることを推奨しています。 センセーショナルな香りの独立宣言を、あなた自身の鼻で感じてみてください。

ETAT LIBRE D’ORANGE |エタ リーブル ド オランジェ
ブランド創設:2006年
原産国:フランス
日本発売:2018年5月20日(日)
発売場所:NOSE SHOP(ノーズショップ)新宿
東京都新宿区新宿4-1-6 ニュウマン新宿 2F

NOSE SHOP 新宿

〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-6 ニュウマン新宿 2F 電話番号|03-5357-7707 営業時間|平日11:00~21:30、土日祝11:...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA